デザインで

長期間飽きの来ないデザインとは

注文住宅に限らず建築した時にはほぼすべての住宅が新築という肩書がついてとても魅力的に感じます。しかし十年もするとほとんどの住宅は古臭く感じてしまうのです。というのも住宅にも実は流行というものがあるのです。中の設備ももちろんですが、外観のデザインなども流行を反映したデザインを提案されるケースが多いのです。特に注文住宅の場合施主は雑誌やモデルハウスなどでその時おしゃれとされる住宅を数多く研究したうえで自宅の設計を行います。そうするとそうした流行が自宅の設計にも反映されやすいのです。一方で分譲住宅ももちろん流行を取り入れてより魅力的な住居として販売しますが万人受けさせる必要があるので比較的スタンダードなデザインを採用している場合が多いのです。

どこにお金をかけるかの見極めをしっかりと

注文住宅でもあまり今風を取り入れずにシンプルなデザインにすることでより長期間魅力的な住宅だと感じることができるのです。特に外観に関してはあまりごちゃごちゃとこだわりを入れてサイディングを貼り分けたりするよりは一色ですっきり見せることで飽きの来ないデザインにすることができます。注文住宅を設計して色や使用する素材を考えているときには想像もできないでしょうが外観に関しては意外にどのようなものでもしっくりくる場合が多いのです。 造成されて数十年がたつような古い団地に立っている住宅で同じような時代に建築された住宅というのはどの住宅もどことなく似ていることが多いのです。サッシの色や雰囲気などその時代の流行を反映した住宅といえるでしょう。しかし現在そういった住宅を見ると古臭く感じてしまう住宅も少なくありません。 もちろん住んでいる人がどのように感じるかが一番重要ですが、予算に限りがあるのであればこうしたところはこだわりすぎずスタンダードを選択し費用を浮かせるのも一つの手段です。

このエントリーをはてなブックマークに追加