知識を付ける

建築会社と住宅ローン

注文住宅を失敗せずに購入するためにはより多くの知識が必要になります。知識というほどのことではないかもしれませんが知っていることで得をすることができるのです。住宅を建築する多くの人が住宅ローンを組んで住宅を購入します。このローンの金利は金融機関によって異なります。0.01%程度の小さな違いでも数千万円のローンを組んだ場合には数万、数十万円の違いになるのです。建築会社によって取引のある金融機関が異なります。さらに言えば建築会社の中でも営業マンなど資金計画を担当する人によって得意とする金融機関が異なるのです。金融機関にも住宅ローンを担当している担当者がいます。この担当者と建築会社の担当者の関係が築けているか否かによっても借り入れできる額が異なったり、金利交渉ができる場合もあるのです。

住宅ローンの申し込み先

住宅ローンの金利交渉というのは注文住宅の建築に限ったことではありませんが注文住宅を建築する場合には住宅に関して納得ができることはもちろんのことローンやアフターメンテナンスなどすべての事柄を考慮し建築会社を決定する必要があるのです。 建築会社の中には金融機関でなく自社で融資を行っている会社も存在します。こうしたところでローンが組める場合、場合によっては金融機関でローンを組むよりも低金利でローンが組めることもあります。 住宅ローンを組む場合建築会社の紹介でなくても自分で金融機関に事前審査を申し込むことができます。もちろんあまりにも多くの金融機関に事前審査を申し込むのは金融機関の印象も悪くなるのでお勧めできませんが建築会社の紹介で納得できない場合は自分で動くという手もあります。 注文住宅を建築する際には住宅以外の部分に関しても知識を持つことで得られるメリットがたくさんあるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加